【成功事例:渡辺拓 様】副業でのローンチ初挑戦で143万円、2回目に400万円売上。それが元で会社を起業。

「スピーチ講座講師」渡辺拓さん

 
 
 
 

田中:はい、今日はですね、お客様の声インタビューということで渡辺拓さんに来ていただいています。よろしくお願いいたします。

渡辺:よろしくお願いいたします。

田中:では、簡単に自己紹介お願いいたします。

渡辺:渡辺拓といいます。今本業がSEでエンジニアとして働きながら、副業でスピーチの講座を開いております。

講座に参加する前の最高月収は数万円でした

田中:もともとローンチ講座に参加する前は、どういう状態でどんなお悩みを持っていたのか教えて下さい。

渡辺:何か副業をやってみようと思って、自分でちょっとセミナーをやったりしてみたんですけれども、月に2,3回とかしか頑張ってもできないし、単発で1回2000円、3000円とかでちらほら来ていただけるという状態だったので、

なんかこう...次に続いていかない、つながっていかない気持ちがあったので、通年で、長期のちゃんとした講座をやりたいなとおもっていて、それでローンチという考え方がいいのかなと思って、この講座に入りました。

田中:最高月商って当時どれくらいだったんですか

? 渡辺:その頃はもう、頑張って3000円とかを回してたので、数万とかですね。1桁。

田中:数万!?

渡辺:はい。

田中:では、それで一番やりたかったのがちゃんと長期間の講座を作って、ビジネスとして成り立たせたかったということですね?

渡辺:はい、そうです。

1回、2回とローンチを繰り返すたび成果が上がった

田中:実際講座に参加してみて、どういう風に変わっていったのかを教えて下さい。

渡辺:講座に参加したタイミングですぐにローンチを始めて、1回目のローンチが143万円の売上になりまして、その次の年に、全く同じものを第2期としてやって、400万円の売上になりました。

そこが元で、これいけるかも!と思い、今会社を立ち上げたところですね。

田中:なるほど。副業でやっていたものがついに法人化までいけたということですね。

渡辺:はい、そういうことです。

田中:月のMAXが数万円というところから、一気に100万円とかにいったわけじゃないですか?その時は感情的にどんな気持ちになりましたか?

渡辺:数千円とかでやっているときも自分のコンテンツには自信があったんですけれど、(自信を)持ちきれないというか、そういうところがあったんですが

やっぱりちゃんとお金をいただけるんだとなったときに、通用するんだと感じることができました。特に1期から2期に移るときに、ちゃんと1期をやり通せたことでより自信がついて、もっといけるぞっていう気持ちになりました。

田中:なるほど。自分のコンテンツに自信が持てたということですね。

渡辺:そうですね!!

今までにない質の高いつながりができた

田中:実際ローンチ講座に参加しての中身の話を聞きたいんですけれども、講座に参加しててよかったことや、印象に残ったことってどんなことがありますか??

渡辺:そうですね。周りで一緒にやっていくみなさんがいて、その方々も同じように成果を出そうと頑張っていらっしゃるところであったり、それまでになかった質の高いつながりができた。

みなさん本当にいい方で、実績も出されている経営者の方もいらっしゃったので、本当に休み時間に話を聞くだけでもすごく勉強になったこととかが多くて、

なにより講座では、僕は一番前にかじりついて田中さんに質問とかをしていて、すごく優しく答えていただけてたので、とても心強かったです。

田中:じゃあ、周りの人たちの頑張ってたし、レベルも高かったのでとても吸収できるものがあったということですかね?

渡辺:はい、そうですね。月ごとに成果報告だったりとか、そういうのを聞いていると、自分もそうなれるんじゃないかって思えてくる。その感覚というか、基準がすごく上がったような感じがありますね。

田中:じゃあ数百万とか、一千万とか超えていくというのも、聞いていたらいかないわけがないな!みたいな。

渡辺:そうですそうです。まぁいくよな。って思えるようになりますね

田中:それが1期から2期にいくときの自信にもつながっているわけですね。

渡辺:そうですね。それは大きいと思います。

あっ、そういうのもあるのか!!って感じでした

田中:僕とのやりとりですごい印象に残っていることがもしあれば

渡辺:2つあるんですけれども、一番はじめのときに印象に残ったのは、、、
初めのローンチの時で、僕が疲れてきたときに田中さんから「どうなっていますか?」
という連絡を個人的にいただいて、

田中さんから僕が疲れているのを見えているのかな?と思うくらいの感じで
そこで僕も頑張ろうと思い直せたことと

あとは、講座名でつけていただいた名前で、田中さんと一緒にコンセプトをねっていく中で僕はゼロスピーチメソッドという名前をつけていただいたんですけれども、そのゼロというのが気に入って社名にも取り入れました。ほぼ名付け親になっています。

田中:コンセプトを一緒に作ったときに、自分でできあがったものを見たときにはどんな感覚になったんですか?

渡辺:あっ、そういうのもあるのか!!って感じでしたね。今までの僕の考えの中で、それこそめちゃめちゃ練って、田中さんにどうですか?って持っていったんですけれども、なんか5分くらいで「ちょっとなぁ...」ということになって、

その後田中さんが僕をヒアリングしていって、田中さんの中でこんな雰囲気がいいよな〜って言ったら、ポンとそのまま降りてきて、田中さんもそこまでは一言も全然言っていなかったのに、こんな雰囲気がいいですよねって言って、その中から取り出してくださったのが

なんか、はーーーーって感じで、もうあとはそれでいこうと

田中:はーーーーっていうのはどんな感覚なんですか?(笑)

渡辺:おお!なるほど!というか、取り出し方が今までの僕のやり方や感覚じゃなかったので。僕は詰めて詰めて詰めてこれ!っていう感じだったんですけれども、ストンと別角度から降りてきたみたいな。

そこはやっぱり百戦錬磨なところがあられるのかなと思いました。

フル稼働でセミナーを回し続ける会社員になっていた..

田中:なるほど。ちょっと質問の角度を変えるんですけれども、もしこのローンチをやっていなかったら今頃はどうなっていますか??

渡辺:そうですね。やっていなかったら本当に体力勝負というか、、、フル稼働でなんとかセミナーを回し続ける会社員になっていた。なによりコンテンツが進化していなかったなと思いますね。

ローンチ講座をやり始めて、周りの人から聞いたことも講座の中に取り入れていますし、あとは受講生さんができたから、受講生さんと話して作っていったコンテンツというのもあるので、(講座に入っていなければ)そういう部分がごっそりなくて

それまでのように切り売りしていたのかなと思うと、やっぱりすごく成長できたのかなと思います。

田中:なるほど。ローンチをきっかけに大きく成長したということが大きいということですね。

渡辺:そうですね。

副業を始めたい。成長したい人におすすめな講座です

田中:では、最後にどういった方にこのローンチ講座をおすすめしたいですか??

渡辺:僕は今もそうですけど副業状態でやっていたので、「副業で何かを始めてみよう」とか。「自分もいけるかもしれない。」とかで悶々と悩んでいる方がいれば、参加してみてもいいんじゃないかなと思います。

同じように副業で参加してますという方も結構いらっしゃいますし、何よりレベルの高い方々と一緒に過ごすというだけで、視点が変わります。

会社員としてやっていた視点と全く別のところの視点をいただけるので、成長できると思います。だからそういった副業をやろうとしているけど、悶々としている方だったり、あとは成長したいという方にはすごくおすすめです。

田中:はい。という形で、今日は渡辺拓さんにインタビューさせていただきました。それではどうもありがとうございました。

 

 

  • 月数万円の売上規模だったビジネスが、400万円売り上げられるようになった。
  • 副業でやっていたものを法人化できた。
  • 自分のコンテンツに自信が持て、高額商品でもさらっと売れるようになった。
  • 実績を出している質の高い仲間と出会うことができ、自分の基準がみるみる上がっていった。

PAGETOP